脱毛機の種類とそれぞれの特徴

現在、家庭用脱毛機として広く販売されているものには、レーザーを毛に当てて脱毛するもの、レーザーよりも弱い光を当てて脱毛するもの、そして熱によって毛を焼き切るものがあります。

その中で、レーザー脱毛機と呼ばれるものは、毛にレーザーを当てることによって、毛のメラニン色素を反応させ、毛根にダメージを与えます。


そのことで、毛を薄く、生えにくくすることで脱毛します。



ほかのものに比べて、少し痛みが強いものの、脱毛の効果が大きいです。また、家庭用脱毛機は美容クリニックで使用される医療用のものよりも照射範囲が狭いので、一回の処理に時間がかかります。

フラッシュ脱毛機とは、レーザーではないのですが、毛に光を当てることで、メラニン色素を反応させ、毛根にダメージを与えることで、脱毛します。
レーザーに比べてパワーが小さいので、痛みは少ないです。



また、照射範囲が広いので、一回の脱毛にかかる時間も短く済みます。

ただ、レーザーよりは効果があらわれるのに、より多い回数が必要です。

レーザーであれ光であれ、完全な永久脱毛ではないとしても、回数を重ねるごとに毛が薄く、生えにくくなっていきます。これらとは違い、毛に熱を加えることで焼き切るというサーミコン脱毛機は、継続的に使い続けることが必要です。


そのため、正確には脱毛ではなく除毛となります。

ただ、毛根にダメージを与える訳ではないので、熱を感じることはあってもほとんど痛みはありません。


また、使い方はシェーバーとほとんど同じなので、一回の処理も速く済みます。